味わいと温かみがある手触り

味わいと温かみがある手触り

味わいと温かみがある手触り 和食器の骨董といっても数百年の年月を重ねた古伊万里から、明治から大正時代の昭和初期のアンティーク食器も含まれており、昭和初期のものはレトロモダンなデザインが人気です。アンティーク和食器の魅力は、和食はもちろん様々な料理にも合わせられること、薬味を乗せると可愛い小さな豆皿や、パスタやおもてなし料理に最適の大皿など、洋食もお洒落にきれいに盛り付けられるのです。
明治以降のアンティーク和食器は、印判の技法で作られていました。転写シートの絵柄を陶器に焼き付けて作られた印判皿は、大量生産が可能なのでコストが抑えられ、絵柄は時代を反映した優れたデザインの食器が多くみられます。印判の技術がなかった時代には、全てが手書きで描かれた染め付け皿が主流でした。職人の高い技術で絵付けされた染め付け皿は当時から非常に高額で、庶民は気軽に使えなかったのです。それは現代でも変わらず、庶民に幅広く使われた印判皿はリーズナブルな価格で気軽に使えるアンティーク和食器として人気、染め付け皿はコレクターなど玄人好みの高価な骨董品として、高値で取り引きされています。

贈り物にしても喜ばれる高級和食器の魅力とは

贈り物にしても喜ばれる高級和食器の魅力とは 職人たちの手仕事によって生み出された高級和食器は、日々の食卓を豊かに彩ります。普段使いにしても良いですし、特別な日のために普段はしまっておいても良いですし、お客様のおもてなしのために購入する人もいます。
高級和食器というと名の知れたブランドのものを思い浮かべる人も多いのですが、高品質な素材ならではの質感を大事にしていて見る人の目を楽しませてくれるような和食器はブランド以外のものでもありますので、自分の好みに合わせて購入することが可能です。日本の職人の繊細な手仕事によって作られたものは料理を美味しくいただくためのアクセントであり、暮らしを豊かにしてくれる素晴らしいアイテムですので、心地良い生活を送るためにお気に入りのものを探して取り入れてみることをお勧めします。
使えば使うほど味が出てくるのも特徴の一つであり、長く使っていても飽きさせません。伝統工芸品として親しまれていますので贈り物にしても喜ばれます。

新着情報

◎2018/5/21

味わいと温かみがある手触り
の情報を更新しました。

◎2018/3/13

電子レンジに入れていいの?
の情報を更新しました。

◎2018/1/25

安価で買える和食器でお試し
の情報を更新しました。

◎2017/11/28

「箱膳」の使い方
の情報を更新しました。

◎2017/8/8

「飯器」の特徴
の情報を更新しました。

◎2017/6/28

サイト公開しました

「食器 骨董」
に関連するツイート
Twitter