オシャレな和食器のお役立ち情報まとめ

和食器の「飯器」の特徴!

和食器の「飯器」の特徴! 和食器は、世界でも類をみないほど多種多様で、多種多彩な姿と文様は美しく、無地には無地の持ち味があります。
人間国宝の陶芸家も多く、芸術作品とも言えるでしょう。
和食器の種類の一つに飯器がありますが、これは、蓋付きのご飯茶碗を指します。
懐石でいう「飯次」もそうですが、いわゆる「おひつ」のことです。
利休形とも呼ばれ、黒塗りで浅い寸胴形のものが代表的です。
黒銀彩八角飯器・いずみ飯器・茶懐石用などがあり、結婚の引き出物、新築・開店祝い・風水・開運・魔除け、お歳暮などの特別なギフト、飲食店や店舗、神棚などのインテリアとして、様々な用途にも使われます。
朝茶などには、竹でできた飯次が使われることもあり、シンプルなデザインで自然素材の温かみが感じられます。
他にも、仏様にお供えする、ご飯を入れる器もそうです。
和食を彩る漆器など、伝統的な和食器は、海外に誇れる日本の優れた伝統工芸品で、海外へのおみやげ品や、業務用としても国内海外ともに高く評価されています。

両親への感謝の気持ち「和食器」で伝えよう!

両親への感謝の気持ち「和食器」で伝えよう! ある程度の年齢に達すると、食の好みが和食寄りになっていく方が日本人には多いのではないでしょうか。
お料理が一汁三菜ベースになると、やはり、和食器が揃えたくなりますね。
年齢を重ねたご両親の場合、夫婦茶碗やお揃いの湯呑みなどが喜ばれますね。
 新婚の時に、お揃いで使い始め、家族が増えるにつれ、また、経年劣化や破損で、お揃いを使ってない方が沢山いらっしゃるはずです。
今こそ、ありがとうの気持ちを、お揃いの和食器で伝えてみてはいかがでしょう。
皆が温かい気持ちになるでしょう。
 今は食器洗浄機が普及してきていますから、和食器にも食器洗浄機対応のものが増えていますので、気軽に使えて便利まです。
お二人暮らしのご両親でしたら、和食器の数は2客ずつで、色々な種類のものをお好みを考えながら、選んで差し上げるのも良いのでないでしょうか。
 子供に選んでもらった新しいものを使える幸せ、そして、引き続き、ご両親お二人で紡ぐ、素敵な日常を演出してくれること間違いなしです。

新着情報

◎2018/5/21

味わいと温かみがある手触り
の情報を更新しました。

◎2018/3/13

電子レンジに入れていいの?
の情報を更新しました。

◎2018/1/25

安価で買える和食器でお試し
の情報を更新しました。

◎2017/11/28

「箱膳」の使い方
の情報を更新しました。

◎2017/8/8

「飯器」の特徴
の情報を更新しました。

◎2017/6/28

サイト公開しました

「食器 陶芸」
に関連するツイート
Twitter

明治時代に東京芸術大学(当時の東京美術学校)で美術の教育を受けた波山は『アーティスト』として、お茶に使用する道具以外では輸出産業や日用品などの食器としてしか認識されていなかった『陶芸』を芸術の域にまで高めようと、創作に励みました。

Twitter波山をたどる旅@hazan_2013

返信 リツイート 14:04

今日のお昼は長ネギとおろしレンコンの豆乳スープ。 レンコンのとろみがあるので冷めずにおいしい。 #つぐみうちごはん #スープ #豆乳スープ #楕円鉢 #陶芸 #陶器 #食器 pic.twitter.com/x1iicNQQDI

Twitterつぐみ製陶所@potter_y

返信 リツイート 12:40

国内でよく使われてるあの釉薬もあの釉薬も、アメリカでは食器には使えないだろうな。 日本の衛生基準は厳しいと思ってる人が多そうだけど、けっこうゆるいと思う。 まあ、陶芸に限らずだろうけど…

Twitterつぐみ製陶所@potter_y

返信 リツイート 2:04

コレクションするの大好きだし一通り満足いくまで手に入れたくなるタイプなのはわかってたけど陶芸とか食器の沼に落ちそうになるとは思ってなかった…

明治時代に東京芸術大学(当時の東京美術学校)で美術の教育を受けた波山は『アーティスト』として、お茶に使用する道具以外では輸出産業や日用品などの食器としてしか認識されていなかった『陶芸』を芸術の域にまで高めようと、創作に励みました。

明日は定休日。#信楽焼#信楽#滋賀#讃岐うどん#陶器#飲食店#亀楽屋#さぬきうどん#コタニ陶器#器#セラミック#食器#業務用#皿#飲食店#業務用器#外食産業#うつわ#しがらき#和食器#陶芸家#窯元#料理#料理家#potter#飲食店経営#器#器卸#食器卸#豊かな食卓 場所: 亀楽屋 instagram.com/p/BrMKhXel8Cn/…

明治時代に東京芸術大学(当時の東京美術学校)で美術の教育を受けた波山は『アーティスト』として、お茶に使用する道具以外では輸出産業や日用品などの食器としてしか認識されていなかった『陶芸』を芸術の域にまで高めようと、創作に励みました。

【予告 年の瀬のしたく展 古荘美紀さん】 漆器、陶器、ガラス食器、カレンダーなどを展示販売する「年越しのしたく展」。 陶芸作家の古荘美紀さん、ご参加くださいます。 12月15日(土)〜12月22日(土) 営業時間 12-18時 12月19日(水)のみ休業 pic.twitter.com/CYUgnlrz0a

アートスペース油亀 全国の陶芸家の食器がいろいろそろってるんだけど、 あ、コレいいじゃない。 っておもうものがほとんど栃木の陶芸家がつくったやってビビった。 岡山まで来て、足利の土に呼ばれるとかマジ怖いんだけど。